コスモテレコム株式会社 コスモテレコム株式会社/ビジネスホン/ネットワーク構築 サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ
HOME > 会社情報 > 価値観 > 3.人生とは、人間とは・・・使命感・人間観

MENU
 会社情報
 経営理念
 会社沿革
 主要取引先
 価値観



 
 

価値観 〜 3.人生とは、人間とは・・・使命感・人間観

3.1 命のバトン

2.5で成果のバトンと言いましたが、では具体的に人間が次にバトンを渡すこととは何でしょうか?この世に命を与えられて、為すべきことは何かと考えて見たいと思います。最初は「命のバトン」です。配偶者に恵まれ、子供を授かる。子供は自分のエゴのためなどではなく、人類の発展のために天から預かった、まさに「神の子」でもあるわけです。子供がいらないなどとなれば、すぐにDNAが途絶えてしまいます。

命を繋ぎたくとも出来ない人もいることを考えれば、子孫が授かることは大いなる役目の一つであろうと思います。魅力的な人になって、相手に恵まれて、子孫にも恵まれることが生き残ることの第一のポイントではないでしょうか。

 
3.2 仲良く暮らす・楽しく生きる

では命を渡したら2番目は何か、人として何を獲得して、何を為すべきなのか。生まれてから死ぬまでの間は、生物としての「ヒト」から人間らしい「ひと」になり、ひとの中でも支え合う「人」になり、役に立ち人の間で暮らす「人間」になる。人生80年であるならば、その年数を「ともに仲良く暮らす」こと。これが人間の次の使命ではないでしょうか。

また、ともに暮らすに当たっては、自分自身が楽しく生きることがとても大事です。陰気でけちをつけるばかりの人が、仲良く暮らせるはずがありません。「明るく・楽しく」が「ともに生きる」条件になって来ます。幸せはその結果であり、明るさ・楽しさは元々あるものですからね。

 
3.3 人類の進化・発展に貢献する

3番目は文化の継承。受け継いだ文化を、自分たちがまた工夫して進化させ、次に繋げ発展させてゆく。「人類の進化・発展」はやはり我々の任務の一つです。それに寄与しなければ、命をいただいた意味がないとさえ言えるのではないでしょうか。

 
3.4 人格を磨く

4番目には、「個人の生き方」だと思います。人間として誇りを持てる生き方。学び成長すること。勇気を持ってチャレンジすること。人格を磨くこと。それが、人間の生きがいの一つだと思います。

人間性を磨くことでも、恩意識や感謝の念を持つことがとても大事だと思います。恩とは因の心と書きますが、自分の元は何か、何から命を授かったか、と言うことに感謝の気持ちを持つ。それが恩意識です。具体的には、父・母に命を授かった因に感謝すると恩になるのですね。「恩知らず」にならないようにしたいものです。

 
3.5 人作り

そうして成長してから、5番目には「人作り」です。国を愛し、国を憂い、勇気を持って良くしようとする人材を造り、育てること。子供達のお手本になり、愛情を注ぎ、躾けを施して、教育すること。

子育ては親育てでもありますが、核家族化が進み祖父母が家から居なくなった今、親を育てられなくなっています。地域の人たちが人間教育をすることは、なかなか出来ることではありませんから、「会社」がその役目を果たさねばならなくなっています。会社の上司・先輩が、仕事を通して部下・後輩を育てること。教育の最後の砦といわれる所以だと思います。

>> 目次へ戻る    >> 4.人間として仕事とは・・・成長とチャレンジ



 このページのトップへ
H O M E 社 長 挨 拶 会 社 情 報 商 品 情 報 採 用 情 報 二 次 店 募 集

 フリーダイヤル 0120-54-3633   e-mail info@cosmotel.co.jp