コスモテレコム株式会社 コスモテレコム株式会社/ビジネスホン/ネットワーク構築 サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ
HOME > 会社情報 > 価値観 > 5.会社の存在意義

MENU
 会社情報
 経営理念
 会社沿革
 主要取引先
 価値観



 
 

価値観 〜 5.会社の存在意義

5.1 会社の存在意義と使命

会社は何のためにあるのかが存在意義であり、何をしなければならないかが使命です。法人とは法で誕生した人であり、そこに役割・任務や責任があります。人間が亡くなっても代表者が変わって、法人として生き続けることが出来るわけです。日本でも最も古くからある法人は寺社建設の会社で、1000年近く存続しているそうです。

社長が亡くなっても、次の社長が経営を引き継ぎ、社会に役立てば会社は生き残ってゆくことが出来ます。考えは様々ありますが、正しく考え支持される会社が生き残ってゆけるのでしょう。また、時代の変遷がその正しさを検証してゆくことでしょう。

 
5.2 あるタクシー会社の話

「私は高齢者です。左足が不自由なのでタクシーで病院に通い、自分の健康を守っています。乗るのは大変で、待たせちゃいけないと必死に行くのですが、左足を引きずり杖を入れ、荷物を入れ頭から潜り込んでも、左足はまだ車の外。自分の手で足を車の中に入れ、ようやく発車です。病院に着けば今度は逆です。運転席から、チェッ早くしてくれよなぁ、と舌打ちが聞こえてきます。今日は言われないようにとすればするほど、身体が言う事を利きません。
あるとき病院でTタクシーさんの話を聞きました。今の人たちは年寄りを汚いものと思って触りたがりませんし、近寄りたがりませんが、Tタクシーさんは肩を貸してくれ、荷物を持ってくれました。病院へ着けば受付に、いつもの○○さんです、お願いしますと伝えてくれて、診察が終わったらまたお迎えに来ます、と言ってくれました。私は今、Tタクシーさんに乗るのが楽しみです。今日はどんないい人が来てくれるのだろう、と思っただけで胸がワクワクします。」

このおばあさんにはTタクシーに乗って幸せになってもらっているのです。おばあさんの人生、生きるという人生、幸せという人生に触れているのです。と社長は言います。

 
5.3 仕事の意義と人生

自分の仕事を待っている人がいる、ことは生きがいそのものです。そして私たちの仕事が人の生きる支えとなるならば、これほど素晴らしいことはないと思います。
私たちの仕事は単にお金を得るだけのものでない、人のためになる仕事をするためにこの命を与えられたのだ。そういう自覚を持って毎日を送りたい。この命を人々のために尽くそう、そう思って一生懸命に働けば、その日の終わりには、満足した一日だったと充実感が味わえます。その積み重ねが、いい人生になってゆくと思います。

 
5.4 企業の社会的責任を果たす

企業の使命の一つである、社会的責任を3つのEで考えて見ます。会社が存在する上で売上や利益は欠かせません。存続するためのコストとも言えましょう。これは経済活動であり、エコノミー(Economy)、1つ目のEです。その中では、お客様のニーズに応えるために車や電気も使用します。これがエネルギー(Energy) 、2つ目のEです。そして化石燃料を使えば、地球資源を消費し環境を汚すことになります。これが環境問題(Environment) 、3つ目のEです。最初のEは企業や人間にとって必要なものであると同時に、活動すればするほど地球環境に迷惑を及ぼします。だからといって、企業活動を抑えるわけには行きません。まさに3Eトリレンマ(3スクミ)です。ポイントは私たちが「宇宙船・地球号」の乗組員だと考えられるかどうか。何代も前からこの船で旅し、生活して来たのです。まさに私たちが地球から生かされていることを実感し、感謝できるかどうかではないでしょうか。

そして、経営とは国家経済のためでもあります。自分たちの会社に貢献し、発展させることは国のためにもなります。中小企業は法人数の80%を占め、雇用の70%を担っています。愛社心・愛国心のしっかりしている人は、自分の仕事もしっかりできると思います。国や会社に貢献することは、自分を愛することであり、自分を生かすことそのものです。それを誇りと呼ぶのだと思います。私たちの働きをしっかりすることが会社の働きを高め、それが日本経済に貢献する。それこそが企業の社会的責任を果たすことになると思います。

>> 目次へ戻る    >> 6.会社で何をするのかへ



 このページのトップへ
H O M E 社 長 挨 拶 会 社 情 報 商 品 情 報 採 用 情 報 二 次 店 募 集

 フリーダイヤル 0120-54-3633   e-mail info@cosmotel.co.jp